【2020年最新】ゼロから学ぶ記事を書くなら絶対に知っておきたいライティングの基礎

記事の執筆について、書かれたコンテンツはいろいろありますが、これまでSEO対策を多く実施してきて、学んできたノウハウをここに整理も含めてまとめていきます。

結局のところは、Google経由での集客を実現する手段なので参考になれば幸いです。

また、大前提として、
下記の点が、ある程度決まってるいると言う前提で、この記事を説明していきます。

  • オウンドメディアの打ち出し方の方向性は決まってる
  • 記事を書く対象となる「ターゲットキーワード」は選定されている
  • 記事のCV地点も決まっている

それでは、今回は記事の書き方について解説していきます。
主な内容は以下の通りです。

記事構成と必要要件

  • ペルソナ設定
  • 6W2Hで整理
  • タイトルを決める
  • コンテンツの優先順位をつけ、軽重を考える
  • コンテンツの肉付けをする
  • 個人の経験を必ずいれる
  • 読み返し、不要な要素は削除ではなく、後部へ移動
  • オリジナルコンテンツ(自社制作)の埋め込み
  • 口コミ・レビュー系項目の挿入

ペルソナ設定

記事を書く上でまずやりたいのがペルソナ設定。

自社の商品買ってくれそうな人が読みたくなる記事を書きたいので、自社商品を買ってくれそうな人がどんな人か考え、定義する事を「ペルソナ設定」と呼びます。

一度設定したペルソナは、記事を執筆する人・レビューする人全員が、俳優・女優になるつもりで、役になりきって、記事を書いたり、レビューしたりしましょう。

ペルソナは時間をかけて作るものではないです。あくまでも「役になり切るためのイメージ」なので、時間をかけずに、最大5分程度で設定しまい、執筆作業を進めましょう。

存在しない誰かを考えるよりも想像しやすい「誰か」例えば、知り合い・友達・以前の職場にいた人・街中で見かけた人等、をイメージするのが一番良いです。

例えば、この記事ならNERDで一緒にライティングをしてくれるライターさん、主に主婦の方や、NERDのお客さん、特にスマホやPCで作業はするけど、そんなにウェブに慣れてない方々、向けに記事を書いています。

6W2Hで整理

記事を執筆する前に必ずやりたいのが、これから作るコンテンツの要素の洗い出しと構造化です。

ここでは、6W2Hのフレームワークを使うことお勧めしています。

観点要素
Who(誰が)現役マーケターが教える
Whom(誰に)これからマーケティング学ぶあなたに
What(何を)マーケティングを覚える3つのコツ
Why(なぜ、何のために)上達するのに苦労したから教えたい
Where(どこで)現場で即役立つ
When(いつ)今すぐに活用できる
How(どのように)オンラインで週に30分で
How Much(どのくらい)無料で教えます!

構造化の部分も時間をかけて作るよりかは、上記のようにシンプルにまとめていけば良いと思います。5 ~ 10分程度考えて、要素が書き出せない時は、そもそも全体戦略の検討が不十分だったりするので、企画依頼や上長に相談し、内容の確認、または定義をすることをお勧めします。

タイトルの決め方

次に記事のタイトルを決めたいです。実はここが一番大事です。検索結果に表示された際にクリックされるかに影響するため。

タイトルに必要な要素

タイトルを決める上で重要な要素は下記の通り。

  • 年月と最新を入れる(毎月更新する)
  • ターゲットKWを入れる
  • 自分の見解を入れる
  • 読んだ後の特や未来像を伝える
  • 数字を必ず入れる

例えば、インスタ集客を目的とした記事の場合、

以下の例文のようなタイトルも悪くはないですが、

  • 【絶対に必要なインスタ集客】インスタグラム集客の必勝法!売上増加!

もっと工夫すると、以下のようになります。

  •  【2020年9月最新】インスタ集客で成功できた3つの方法 リピーター売上2倍

このタイトルを要素分解すると下記の図のようになります。

要は、タイトルで大事なのな「今すぐ読みたい!」と思わせる事。上記の要素を考慮することで「今すぐ読みたい!」感を演出できるので、必ず考慮していきましょう。

以下、参考までに例を上げておきます。

【あまりよくない例 】

  • 国立大学合格への、基礎固め数学問題集

【良い例】

  • センター試験で失敗しないあなたのための、ラスト1ヶ月逆転数学問題集【2020年最新版】

タイトルの文字数は30文字前後

Googleの検索結果にタイトルが表示されるには、以下の点を守りましょう。

  • 文字数:27〜34文字
  • タイトルにキーワードを入れる(できるだけ左)
  • 内容を簡潔に示す文言にする

コンテンツの優先順位をつけ、軽重を考える

記事の構成を考える際に活用したいのがキーワード分析ツール。

記事を書く対象となる「ターゲットキーワード」はすでに決まっている前提ですが、

その「ターゲットキーワード」を検索する人達が、関連する内容で他にどんな事柄に興味があるか発見するのに役立ちます。

キーワード分析は様々なツールがが存在していますが、主に以下の3つを知っておけば良いでしょう。

Keywordmap for SEO

有料のツールです。日本語のツールでは一番使いやすい印象で、ターゲットキーワードの関連キーワードが可視化され、網羅的にキーワードを把握できるだけでなく、各キーワードの想定検索ボリューム数も確認できるので、コンテンツの軽重を考えやすいです。

https://keywordmap.jp/

Ahrefs

こちらも有料ツールですが、月額1万円程と比較的安価に利用できるサービスです。海外のサービスなので、英語でも使えるという方はお勧めです。

https://ahrefs.jp/

Google検索のサジェスト機能

お金をかけずに、無料でどうにかしたい場合は、Google検索のサジェスト機能を使いましょう。確認できる関連キーワード数に限りがあり、キーワード毎の想定検索ボリューム数は確認できませんが、少なくとも関連キーワードをすぐに確認する事ができるので、便利です。

コンテンツの肉付けをする

ここからは実際の記事の執筆についてです。

Webの記事は「英語圏の文章構造」で書く

日本では文章を書く時は「起承転結」を意識しろと言われると思いますが、Webの記事の場合は、「導入文・本文・結論文」、つまり結論ファーストで書くいわゆる「英語圏の文章構造」書くことをお勧めします。

Googleはアメリカで生まれたサービスで、Googleが記事のコンテンツの内容をクロールする際はこの英語の文章構造を機械的に解釈させていこうとしたところから、結果として日本語でもこのような文章構造のページがGoogleの評価がよく検索順位の上位に表示されるようになったからだろうとNERDでは考えています

ロジカルなライティングを心がける

まず基本中の基本となるのが、以下の点です。

  • 結論ファースト
  • 簡潔な文章
  • 事実を基に書く
  • 根拠を書く

前提知識を一番初めのセクションにいれる

下記一例です。
厳選アフィリエイトASP12選!報酬やジャンル、特徴などを比較!

https://peraichi.com/univ/94

前提知識を最初に書いてあげる事で、記事を読む人に対して、認識合わせたした上で記事を読んでもらえるので、内容が伝わりやすくなります。

見出しの階層構造を正しくする

サイトの構造にもよりますが、記事内の見出しは以下のように意識して記事を書くべきです。

h2・・・大見出し
h3・・・中見出し
h4・・・小見出し

【良い例】
h2和食の種類
 h3寿司
  h4寿司の歴史
  h4寿司の食べ方
 h3すき焼き
  h4すき焼きの歴史
  h4すき焼きの食べ方
   ・
   ・

【悪い例】
h2和食の種類
 h3和食について
 h3寿司
  h4寿司の歴史
  h4寿司の食べ方
 h3すき焼き
  h4すき焼きの歴史
  h4すき焼きの食べ方
   ・
   ・

※赤字部分は「和食の種類」に内包される情報ではない。

MECEにする(もれなくダブりなく)

コンテンツにタブりがあると、同じ内容が何度も繰り返されると読み手は、「さっきも読んだな・・」と、記事をつまらなく感じ、コンテンツに漏れがあると「欲しい情報が得られない・・結局よくわからない・・」となるので、以下の例のように、記事のコンテンツはなるべくもれなくダブりなく執筆できる事が望ましいです。

【良い例】
h2季節の種類
 h3春
  h4春のイベント
  h4春の時期
 h3夏
  h4春のイベント
  h4春の時期
 h3秋
  h4春のイベント
  h4春の時期
 h3冬
  h4春のイベント
  h4春の時期

【悪い例】
h2季節の種類
 h3春
  h4春のイベント
  h4春の時期
 h3夏
  h4春のイベント
 h3秋
  h4春のイベント
  h4春の時期
 h3冬
  h4春のイベント
  h4春の時期

可能な限り図を使って説明してあげる

文字だけだとわかりにくいの図を使った説明の追記を試みてください。

図はパワポや無料ツールで作れる範囲でも十分です。

パワポがない・・そんな時は、
無料ツールだとCacooあたりがおすすめです。

https://cacoo.com/ja/

個人の経験を必ずいれる

記事の作成にて、必ず行いたいのが、個人の経験を記事内にいれる事が望ましいです。

例えば、ホームページ作成サービスの比較記事を書いていたとして、自分で使ってみたとこ、どう感じたのか、使いやすいと思ったのかそうでなかったのか、なぜそう思ったのか、そういった感想は必ず入れたいです。

たまに主観的な文章はよくないと言うコメントを見かけますが、気にせず主観で個人の経験を記事に入れていきましょう。

読み返し、不要な要素は削除ではなく、後部へ移動

文章がある程度、できてきたら必ず読み返しましょう。

その際、「不要な要素は削除ではなく、後部へ移動」へ移動させる事が理想です。

重要なコンテンツはなるべく上部に持ってきて、あまり重要ではなくなったコンテンツは削除するのはもったいなので、記事の後部、持ってくる事で、文字数を稼ぐきっかけにもなります。

オリジナルコンテンツ(自社制作)の埋め込み

例えば、比較記事等を制作した場合、ただ単純にランキングを記載するだけでなく、レーダーチャート等を使い、比較対象のサービスの違いを可視化してあげる事ができたら読み手はより記事の内容を理解でるので、このようなオリジナルコンテンツを作成できたら理想です。

口コミ・レビュー系項目の挿入

口コミやレビューのコンテンツは、第三者の意見を取り入れる意味でも可能なら追加したいコンテンツです。

この場合、使いやすいのはTwitterの投稿です。

記事の内容に関連する投稿を行っているユーザーを検索し、その投稿をサイトに設置する事で、より記事の内容が第三者も同意してる演出を作り出せるので、お勧めです。

記事の書き方まとめ

SEO対策とは、一言で言ってしまえば、Google経由の集客施策です。SEOと言うと、技術的な観点も含めて、もっといろいろ語れてしまうのですが、今回の記事では、記事の執筆について重要な点をまとめさせていただきました。

NERDのお仕事を手伝ってくれる方は、是非この記事に記載された観点を重視し記事執筆を行っていただきたいですし、NERDのお客様で車内でライティングしていく必要がある方々は是非参考にしていただけると幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事