【ASP14選】アフィリエイト初心者にもおすすめしたいASPとは?

アフィリエイト市場が大きく成長している中、欠かせない存在となっているのが「ASP」です。しかし、「よく聞く言葉だけど、ASPをきちんと理解していない」「選択肢が多くて何を選んでいいかわからない」といった方も多くいるのではないでしょうか?

そこで今回は、ASPについての基礎知識と、おすすめのASPをご紹介していきます。性質上、さまざまなASPを使ってみて自分に合ったものを選ぶのが一番なのですが、「ASPを利用するのが初めてで、どれから選んでいいかわからない」といった方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

アフィリエイトASPとは

ASPとは、「Affiliate Service Provider(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)」の略です。アフィリエイトとは、インターネット上における広告手法のひとつで「成果報酬型の広告」を指しています。

まずアフィリエイトでは、「自社のサービスや商品を紹介(広告)したい」という広告主と、「何かのサービスや商品を紹介して収入を得たい」というメディア運営者(アフィリエイター)が存在します。この二つを仲介し、双方の要望を叶える役目を担っているのがASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)なのです。

似たような言葉で、Application Service Provider(アプリケーション・サービス・プロバイダー)というものがあるため、区別するために「アフィリエイトASP」と呼ばれることもあります。

アフィリエイトASPの仕組み

先ほども紹介したように、アフィリエイトを行うためには「広告主」「アフィリエイター」そして「ASP」の存在が欠かせません。そして、もうひとつ付け加えるとすれば商品やサービスを実際に購入する「ユーザー」の存在です。

これらの関係性を図にまとめてみました。

このように、アフィリエイターと広告主は「ASP」に登録することで、それぞれが「紹介したい商品」や「紹介してくれるメディア運営者」を見つけることができるのです。そして実際に商品が売れることで、ASPを通して報酬を得たり、広告費を支払ったりしています。

オープン型ASPとクローズド型ASPの違い

アフィリエイトASPは大きく分けて2種類に分類することができます。それが、「オープン型ASP」と「クローズド型ASP」です。どんな違いがあるのかわからない!という方のために、ここではそれぞれがどのような特徴を持っているものなのかを解説していきます。

オープン型ASPとは

一般的に「ASP」と呼ばれる場合、その多くがこちらの「オープン型ASP」を指しています。誰でも気軽に登録や利用ができるよう、インターネット上に公開されているASPが、オープン型ASPです。簡単に言ってしまえば、アフィリエイトを行いたい全ての人が登録・利用をすることができるASPといえます。

メディア(アフィリエイター)がASPでプログラムに参加する際は、そのブログやWebサイトの審査が行われることが多くあります。ただオープン型ASPでは、その審査基準が比較的ゆるいため、あからさまに不正や違反を犯していなければ、ほとんど審査に落ちることはありません。

※プログラムとは、アフィリエイターのブログやWebサイトに広告を貼ることを指しています。

また、オープン型ASPでは登録している広告主の数も多いため、当然プログラムの案件数も多くなります。初心者でも上級者でも、使いやすいASPと言えるでしょう。

クローズド型ASPとは

誰でも気軽に利用できるという特徴を持っているのが「オープン型ASP」ですが、一方「クローズド型ASP」は一般的に公開されておらず閉ざされたASPのことを指しています。

基本的にアフィリエイター側からASPに登録することができない仕組みになっており、ASP側からスカウトのような形で声をかけられて初めて、そのASPを利用できることになるのです。たとえ公式ページなどで「登録」ができる仕様になっていたとしても、知名度が高かったりSEOで検索上位に入っているようなWebサイトでないと、審査に通ることが難しいと言われています。

クローズド型ASPのメリットとしては、プログラムの案件数が少ない代わりに、高単価な案件が多いということです。広告主としても、実力や実績をもったメディアで広告を出してもらうことができるため、単価が高くなっても十分な効果が見込めると考えられます。

おすすめのオープン型ASP5選

簡単にASPの仕組みがわかったところで、ここからはおすすめのアフリエイトASPをご紹介していきます。まずはオープン型ASPから見ていきましょう。

A8.net(エーハチネット)

画像引用元:https://www.a8.net/

特徴

東証一部上場企業である株式会社ファンコミュニケーションズが運営しているA8.netは、国内で最大のASPと言われており、ジャンルに関わらず「とりあえずA8.netにしておけばOK」という人もいるほど、絶大な信頼を寄せられています。

その運用実績は20年以上にわたり、業界最大級の会員数とメディア数を獲得しているのが大きな特徴です。広告主からしてみれば、メディア数が多いということは広告の露出が高まる可能性が大きく、それだけでもかなりのメリットになるはずです。逆に、メディア側からしてみても、選べる案件数が多いことで増収につながる可能性が高まります。

また、現在までに20,000社以上の広告主と取り引きを行ってきた実績から、多くの知見を持っていることも強みといえるのではないでしょうか。そういった知見を活かして、メディア会員向けの「無料セミナー」を行うなど、初心者でもアフィリエイトのノウハウを学ぶ機会があることも嬉しいサービスです。

アフィリエイトマーケティング協会が行っている「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査」の中で、国内主要ASP各社のメディア(アフィリエイター)に調査を実施したところ、A8.netが「メディア満足度調査10年連続No.1」を獲得しています。

※参考:アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 http://affiliate-marketing.jp/invest/

入会時の審査もないため、初心者でも敷居が低いのも嬉しいところです。ただし、大手だからこそ担当がつきにくかったり、やや報酬額が低めといったデメリットも存在します。

メディア(アフィリエイター)への振込手数料

  • ゆうちょ銀行:66円
  • 三井住友銀行 渋谷駅前支店宛/3万円未満:110円
  • 三井住友銀行 渋谷駅前支店宛/3万円以上:220円
  • 三井住友銀行 渋谷駅前支店以外の店舗宛/3万円未満:220円
  • 三井住友銀行 渋谷駅前支店以外の店舗宛/3万円以上:440円
  • 三井住友銀行以外の金融機関宛/3万円未満:550円
  • 三井住友銀行以外の金融機関宛/3万円以上:770円

広告掲載にかかる費用

<初期費用>

  • 5万円

<月額費用>

  • 18ヶ月契約:3.3万円
  • 12ヶ月契約:3.7万円
  • 6ヶ月契約:4万円

<成果報酬>

  • 成果にともなって変動

<手数料>

  • 成果報酬の30%

公式サイト:https://www.a8.net/

ValueCommerceアフィリエイト(バリューコマースアフィリエイト)

画像引用元:https://www.valuecommerce.ne.jp/

特徴

東証一部上場企業であるバリューコマース株式会社が運営しています。1999年に日本初のアフィリエイトサービスを開始した、最古参のASPです。昔から実績を重ねていることもあり、大手企業や大手ECからの信頼も大きく、他のASPでは見られない企業からも案件を獲得しています。

たとえば、「Yahoo!ショッピング」「Amazon」「楽天」などの大手ショッピングモールから有名ブランドのネットショップまで、ValueCommerce(バリューコマース)でしか掲載できない大手広告主も登録していることが最大の魅力です。ジャンルとしては、金融系を得意としています。

その他メリットとしては、他のASPよりも単価が多少高くなっていることがあったり、初心者向けにセミナーを行っていたり、サポート体制も充実していることなどがあげられます。

広告出稿を考えている人にとっては、規模感に応じて2種類のプランから選ぶことができるのも嬉しいポイントではないでしょうか。

デメリットとしては、プログラムに参加するために申請をしてから実際に参加できるまで時間がかかる場合があることや、管理画面が使いづらいと感じる人もいるようです。

メディア(アフィリエイター)への振込手数料

  • 無料

広告掲載にかかる費用

<初期費用>

  • ライトプラン:0円
  • ベーシックプラン:5万円

<月額費用>

  • ライトプラン:3.5万円
  • ベーシックプラン:5万円

<成果報酬>

  • 成果にともなって変動

<手数料>

  • ライトプラン:成果報酬の35.0%
  • ベーシックプラン:成果報酬の31.5%

※ライトプランは開始前に「月額基本プラン費1ヵ月分(3.5万円)」および「デポジット(5万円)」の合計8.5万円を入金する必要があります。

公式サイト:https://www.valuecommerce.ne.jp/

ACCESS TRADE(アクセストレード)

画像引用元:https://www.accesstrade.ne.jp/

特徴

東証マザーズ上場企業である株式会社インタースペースが運営しています。こちらも昔からASPを行っている老舗企業です。A8.netやValueCommerceと比較すると案件ボリュームでは少し見劣りしますが、主要ASPであることに間違いはないでしょう。

通信系、金融系、ゲーム系などのジャンルに強く、独自の案件なども存在しています。また、セミナーや動画配信・学べるコンテンツが多くあったり、アフィリエイターの育成にも力をいれています。初心者でも担当がついてくれるのが早いため、わからないことはすぐに解決できる点も大きなメリットです。

最低支払額が1,000円、さらに振込手数料が無料なのも初心者には嬉しいポイントではないでしょうか。

デメリットとしては、他のオープン型ASPでは審査なしで利用できることも多い中、アクセストレードではやや審査が厳しいという点があげられます。とはいえ、「比較的厳しい」という程度のものであり、クローズド型ASPなどのように知名度が高くなければいけないというほどのものではありません。メリットも大きいため、ぜひ利用したいサービスです。

メディア(アフィリエイター)への振込手数料

  • 無料

広告掲載にかかる費用

<初期費用>

  • 5万円

<月額費用>

  • 4万円

<成果報酬>

  • 成果にともなって変動

<手数料>

  • 成果報酬の30%

公式サイト:https://www.accesstrade.ne.jp/

afb(旧サービス名:アフィリエイトB)

画像引用元:https://www.afi-b.com/

特徴

株式会社フォーイットが運営しています。もともと検索エンジンマーケティング(SEM)のコンサルティングを行っている会社であるため、アフィリエイトに加えて検索エンジンでのプロモーションにおいても多くの知見を持っているのが特徴です。

検索エンジンとアフィリエイトが親和性が高いため、併せて相談できるのが嬉しいという利用者も多いのではないでしょうか。afbでは、1社につき1人の専任コンサルタントがつき、最大限のバックアップを行ってくれます。

afbはA8.netなどの大手と比較すると広告数は少なめですが、サプリメント・エステ・ダイエット商品といった美容系などのジャンルに強く、そういった広告を扱いたい人には必須ともいえるASPです。

最低支払額は777円、振込手数料は無料なので獲得金額が多くない初心者にもありがたい仕組みです。さらに、報酬は確定報酬にプラスして「消費税10%」が支払われます。こういった仕組みも他のASPではあまり見られないため、afbならではの魅力といえます。

メディア(アフィリエイター)への振込手数料

  • 無料

広告掲載にかかる費用

<初期費用>

  • 5万円

<月額費用>

  • 4万円

<成果報酬>

  • 成果にともなって変動

<手数料>

  • 成果報酬の30%

公式サイト:https://www.afi-b.com/

もしもアフィリエイト

画像引用元:https://af.moshimo.com/

特徴

株式会社もしもが運営しているASPです。「がんばる個人のためのアフィリエイトサイト」として、個人で稼ぎたいアフィリエイターから人気を博しています。個人でも成果が出やすく誰もが扱いやすい案件を厳選しているため、個人で始める初心者におすすめです。

ジャンルとしては、プログラミングスクール・中古品買取などに強く、中でも物販系を行う方にとっては必須のASPといえるでしょう。

「プレミアム報酬制度」や「W報酬制度」という、もしもアフィリエイト独自の仕組みもあります。掲載した広告の成果が一定金額以上になると追加で報酬がもらえたり、月末の報酬額に応じてボーナスがもらえるというもので、目標やモチベーションにもつながるためアフィリエイターには嬉しい制度です。

デメリットとしては、大手と比べると案件数が少ないということがあげられます。ただし、もしもアフィリエイトでしか扱っていない案件もあるため、他のASPと併用しながら様子を見てみることをおすすめします。

また、楽天市場の商品でアフィリエイトをしたい場合には少し注意が必要です。楽天の料率は売上額によっても変わってきますが、もしもアフィリエイト経由では固定で1%になります。売上額が大きくなると、デメリットが出てくる可能性があります。

メディア(アフィリエイター)への振込手数料

  • 無料

広告掲載にかかる費用

<初期費用>

  • 0円

<月額費用>

  • 0円

<成果報酬>

  • 成果にともなって変動

<手数料>

  • 成果報酬の30%

公式サイト:https://af.moshimo.com/

おすすめのクローズド型ASP5選

ここからは、クローズド型ASPにスポットをあててご紹介していきます。

Rentracks(レントラックス)

画像引用元:https://www.rentracks.co.jp/

特徴

東証マザーズ上場企業である株式会社レントラックスが運営しています。「クローズド型ASP=Rentracks(レントラックス)」というイメージがあるほどの最大手クローズド型ASPです。

オープン型ASPとは異なり、基本的に自ら登録を行うのではなく、招待やスカウトなどを受けて参加することになります。高報酬・高承認率・高成約率など、「質」にこだわった運営をしています。

ジャンルとしては「中古車買取・販売」や「引っ越し案件」などが強い印象です。独占案件や高単価案件などが多数あるため、アカウントを開設できると大きな強みになるでしょう。

メディア(アフィリエイター)への振込手数料

  • 無料

広告掲載にかかる費用

<初期費用>

  • 0円

<月額費用>

  • 0円

<成果報酬>

  • 成果にともなって変動

公式サイト:https://manage.rentracks.jp/manage/login

felmat(フェルマ)

画像引用元:https://www.felmat.net/

特徴

株式会社ロンバートが運営しています。案件数こそ大手ASPよりは少ないですが、スタッフの対応の良さが評判で人気の高いASPです。

ジャンルは美容・痩身・脱毛・健康食品など、美容系や健康系のジャンルに強く、その他にも不動産などにも良い案件を持っている印象です。

管理画面やレポート機能の見やすさにも定評があり、実績を簡単に見ることができることも嬉しいポイントではないでしょうか。

メディア(アフィリエイター)への振込手数料

  • 無料

公式サイト:https://www.felmat.net/

Medi Partner(メディパートナー)

画像引用元:https://www.medipartner.jp/

特徴

株式会社オプティマイザーが運営している、「V.I.Pアフィリエイトサービス」です。V.I.Pという言葉からもわかるように、実力をもっている一流のアフィリエイター(スーパーアフィリエイターと呼ばれることもあります)に特化したクローズド型ASPとなります。

求人や金融といったジャンルに強く、高単価案件も取り扱っています。クローズド型ASPではありますが、公式サイトから登録の申請をすることも可能です。ただし、審査があるため誰でも登録できるというものではありません。

「同じような営業メールがたくさん届く」といった評判が多く、スタッフの対応なども含めて気になるポイントがあるのも事実ですが、高単価案件に関われることもあるため実際に利用できるのであれば使ってみることをおすすめします。

メディア(アフィリエイター)への振込手数料

  • 270円

公式サイト:https://www.medipartner.jp/

Mobee(モビー)

画像引用元:https://aspm.jp/company.php

特徴

株式会社エムエムラボが運営しています。基本的にはクローズド型ASPといえますが、公式サイトから登録申請をすることもできます。

電子書籍やアプリなど電子系のジャンルに強いほか、出会い系などの案件も取り扱っています。単価は高めですが、管理画面が少し使いづらい、営業メールが多いといった意見も聞かれます。

メディア(アフィリエイター)への振込手数料

  • 無料

公式サイト:https://aspm.jp/company.php

Cross×Partners(クロスパートナーズ)

画像引用元:https://crosspartners.net/

特徴

OKKO株式会社が運営しています。こちらもクローズド型ASPですが、公式サイトから登録申請をすることが可能です。審査が早く、半日~1日程度で結果がでることもあるため、すぐに運用を始めたいという方にはおすすめできます。

案件自体は少なめですがさまざまなジャンルを網羅しており、特に弁護士・美容・探偵などを得意としています。単価は高めなので、運営しているWebサイトに合う案件があれば、導入して損はないでしょう。

メディア(アフィリエイター)への振込手数料

  • 無料

公式サイト:https://crosspartners.net/

おすすめのアプリ系ASP4選

規模の大きなASPでは、アプリ系の案件はあまり扱われていません。ここからは、そんなアプリ案件を多く取り扱っているASPをご紹介していきます。

Link-A(リンクエー)

画像引用元:https://link-a.net/

特徴

株式会社リンクエッジが運営するアプリ系(スマホ向け案件)に強い半クローズド型のASPです。Link-Aから直接連絡がきて登録にいたることもあれば、「招待コード」というものを持っていることで登録ができることもあります。

他のASPにはないオリジナル商材も多く、特にアプリやゲーム、VOD(動画配信サービス)の案件が多いのも特徴のひとつといえるでしょう。

比較的単価も高いため、アプリ系に特化したい方にはおすすめのASPです。

メディア(アフィリエイター)への振込手数料

  • 無料

広告掲載にかかる費用

<初期費用>

  • 0円

<月額費用>

  • 0円

<成果報酬>

  • 成果にともなって変動

公式サイト:https://link-a.net/

Circuit X(サーキットX)

画像引用元:https://www.cir.io/

特徴

株式会社フクロウラボが運営している半クローズド型ASPです。公式サイトから登録申請ができますが、審査は少し厳しめといえます。

スマホアプリ全般を得意としていますが、中でもゲームアプリの広告を掲載する場合、インストール後の課金によっても報酬が発生していきます。そのため、報酬額がどんどん伸びていく可能性があるのも嬉しい仕組みです。

また、「動画ビュースルー広告」と呼ばれる動画広告を利用できる点もメリットと言えるでしょう。

メディア(アフィリエイター)への振込手数料

  • 無料

公式サイト:https://fukurou-labo.co.jp/

seedApp(シードアップ)

画像引用元:https://seedapp.jp/

特徴

オープン型ASPでご紹介したA8.netと同じ、株式会社ファンコミュニケーションズが運営しているスマホアプリ専用のクローズド型ASPです。

スマホゲームに特化していた「adcrops(アドクロップス)」を吸収したこともあり、ゲームに強いASPといえます。ゲームの攻略などを記事にしている人にはおすすめできます。ただし、記事数が10本以下などでは審査に通らないことが多いため、その点は注意する必要があるでしょう。

メディア(アフィリエイター)への振込手数料

  • 無料

公式サイト:https://seedapp.jp/

Smart-C(スマートシー)

画像引用元:https://smart-c.jp/

特徴

株式会社アドウェイズが運営しています。ゲームに関する案件が豊富なASPで、主にスマホ向けの広告や記事の配信サービスを提供しています。「iPhoneアプリ」「Androidアプリ」どちらの案件も多く取り扱っているのが特徴です。

アプリを紹介することが多いブログやメディアであれば、とても便利なASPといえます。クローズド型ASPということもあり高単価な案件が多いので、スカウトがきた場合は迷わず登録しておくことをおすすめします。

メディア(アフィリエイター)への振込手数料

  • 無料

広告掲載にかかる費用

<初期費用>

  • 0円

<月額費用>

  • 0円

<成果報酬>

  • 成果にともなって変動

公式サイト:https://smart-c.jp/

アフィリエイトASP比較表

ここまでにご紹介したASPを、一覧にしました。
ジャンルや最低支払額・振込手数料などを比較して、自分にあったASPを見つけてみてください。

まとめ

今回は、「オープン型ASP5選」「クローズド型ASP5選」そして「アプリ系ASP4選」をご紹介しました。インターネットで「ASP」と検索していただくとよくわかるのですが、世の中には本当に多くのASPが存在しています。そして、その中でも得意なジャンルがあったり、操作性の部分で使いやすさ・使いにくさがあったりと、特徴もそれぞれです。

「すべてのASPを試してみる」ということはあまり現実的ではないかもしれませんが、可能な限りさまざまなASPを利用してみることをおすすめします。その中から、自分に合ったものに絞って、継続していくのが成功の近道ではないでしょうか。その入門編として、この記事を参考にしていただければ幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事